横浜サザンハピネスとは

社長 高氏主税

社長の約束

今期の決算が終わり、鳥メロに転換した5店舗が好調なため、結果的に過去最高レベルの経常利益で着地できました。鳥メロ業態を開発してくれたワタミへ感謝すると共に、ワタミFCであることがハピネスの強みであることを再認識させられました。

先日のワタミ社内報で、清水社長が太鼓判を押す店として、横浜西口南幸町店が紹介されていました。このように各店舗が鳥メロを代表するお店を作ることが、ワタミFCとしての我々の使命だと思います。今のハピネスを支えるビジネスとして、鳥メロを大切に育てていきましょう。

一方で、居酒屋業界の業態の浮き沈みは本当に激しいです。わたみん家が消滅してしまったように、いつ鳥メロが厳しくなるか分かりません。未来の我々の生活を守るために新規事業開拓は必要です。

ハピネスの挑戦は、第2弾、第3弾と続いていきます。社員の未来を守るためには、自主独立型企業へと変わっていかなればなりません。

そして、価格競争やシェア競争に巻き込まれない「競争しない経営」を目指さなければなりません。「競争しない経営」とは、他社がやらない、できない、または、まだこの世に存在していないような、市場が求める感動的価値を創造し続ける経営です。
九州ぐるまんの負けにより発見できた我々に不足していたものをこの1年で補って、次のチャレンジに向かいたいと思います。第12期テーマは「リベンジ」にします。

社員さんを幸せにするための社長の約束をここに書きます。

  1. 働く仲間を家族とみなし何においても社員さん全員の幸せを一番に考えます。
  2. 会社はリーダー次第と理解し、自己成長に誰よりも努力します。
  3. 素直さと謙虚さを大事にし耳をかたむけるリーダーであります。
  4. 自尊心を尊重し可能性を高められるリーダーであります。
  5. 仕事を楽しめる成功体験を体感させられる指導を常に心掛けます。
  6. 常に情報や時流への研鑽を怠らず、先見性を磨き、いつも指針を示せる男でいます。
  7. 働く人が夢と誇りを高く持てるグループ作りを追求し続けます。
  8. 仕組みで分かち合える組織を作り続けます。
  9. 常に情熱的で肯定的な思いやりと強さを持った男を目指し続けます。
  10. 夢を追いかける生き方・価値をたくさんの人に伝えられる生き方を実践します。

平成30年4月24日
社長 高氏主税

  • 経営ビジョン「上場目標」
  • 中期経営計画
  • 教育研修制度
  • 福利厚生制度
  • 採用・求人の流れ
  • 社内独立支援制度
  • 店舗表彰実績
  • 社内写真集
  • 社員コラム
  • ご相談・お問合せ
  • ハピ会
  • 社員さんの未来像